Twitterのフォローを減らして幸福感爆増~成功したい人のSNSの使い方~

Business
この記事は約6分で読めます。

先日、ふと気づいたことがあって、(美女っていいよね)

Twitterのフォローをどんどん減らしたら、日常の幸福度が爆増した。(笑)

なので、実際にフォローを減らして感じたこと、

SNSと少し距離を置いて感じたこと、

メリットなどを紹介したいと思う。

この記事はこんな人におすすめ

  • 自尊心・自己肯定感が低下していると感じている人
  • 何が正解なのかわからなくなっている人
  • 自分の目標に向き合えないと葛藤している人
  • もっと幸せになりたい人

そもそも何のためにSNSを使っているのか

いきなりTwitterと話が逸れるが、

そもそも人は何のために生きているのだろうか?

答え

「自分が幸せになるため」

以上!!

「自分と周りが幸せになるため」

最高!!!

難しいこと考えずに、シンプルにまずこれでしょ?(笑)

なので、原点に返ってその観点で考えると、TwitterやSNSを使って

「めっちゃ楽しいわ!(笑)」

だとか、

「やる気出まくりだぜっ!!!」

などとポジティブな気持ちになれない場合は、使い方を考えるべきなんだよね。

SNSと心や幸福度の関係性

ソーシャルメディアを利用する時間が多いと、自分と他人を比較することが多くなり自己肯定感が下がる、不安になる、という研究結果は数多くある

また、鬱病になる可能性が高まるという研究結果も出ている。

ピッツバーグ大学医学部研究チームは、SNS利用が少ないチームに比べて、多いチームは不安神経症や鬱病になる可能性が3倍に膨れ上がると発表しているし、

ニューヨーク大学とスタンフォード大学の研究チームは、協力者に102ドルを支払い、Facebookの利用を4週間停止してもらった結果、Facebookから解放された人は幸福感が増し、Facebook以外のSNSの利用も減ったと発表している。

心理学者のバリー・シュワルツさんは「選択肢の多さが、逆に幸福度を下げている」と言い、鬱病や自殺が増えた要因の大部分は、人々の期待値が高すぎたことで経験が不満足なものになってしまっている点に起因している、と言っている。

もちろん逆の意見も少しはあるのだが、現時点でSNSの利用頻度が高く、

日々に不安や迷い、葛藤がある人は利用頻度を減らしてみることも検討しよう。

ジャムの法則~選択肢が多いと選べなくなる~

コロンビア大学のシーナ・アイエンガー教授が発表した「ジャムの法則」を知っているだろうか?

ジャムの法則とは、決定回避の法則ともいわれ、結論からいうと、

「人は選択肢が多くなりすぎると、一つを選んで決定することを避ける傾向がある」

という人間心理のこと。

実験は、スーパーで行われ、24種類のジャムと6種類のジャムを販売し購買率を比較。

その結果、24種類のジャムを用意した場合は、試食した人の3%が購入、

6種類のジャムを用意した場合は、試食した人の30%が購入に至った。

ジャムの法則の観点でSNSの利用を考えると

つまり、沢山の意見があると迷う、ということだ。

特に、不安な状態で、漠然と沢山の情報を目にすると、さらに不安が強まるという悪循環起こる。

そのせいで、何が正解かわからなくなる、という状態に陥ってしまう。

だが、しかし、ここで冷静に考えると、

ほとんどの物事に絶対的な正解などないのだ。

著名人やインフルエンサーがどれだけドヤ顔で語っていたとしても、

それらは絶対的正解ではなく、あくまで成功確率、成功角度の話でしかない。

例えば、俺の話を持ち出すと、

ある恋愛系インフルエンサーが「男で長髪はモテない」とドヤっていたが、

俺は長髪のままひたすらモテている。(笑)

なので、はっきりと、それ違うわ、と言える。

この感覚がポイント。(後述)

(ましてや、インフルエンサーの取り巻きの意見なんて、実際のところ、目的がない限り、目にする価値はあまりないし、そこでブレる必要なんて基本的にないのだ。)

SNSのフォローを減らして感じたことやメリット

SNSのフォローを減らして感じたメリットは、

自分の中で「正解」と「やるべきこと」が明確になった、

ということ。

(ちなみに、フォローは、

興味のある分野で第一線で活躍しており、なおかつ人間性・話し方も尊敬できる人、

に限定した。

さらに、通知は5人に厳選している。基本的に5人の情報だけ眺めている。

通常のタイムラインはセカンドオピニオン的に利用している。)

まさに、「好き」、を集めた宝箱状態で、

人間としてのベクトルが一致していて、ポジティブな情報・言葉しか目に入らないので、

自己肯定感が増し、方向性にブレが起こらなくなり、

幸福感が爆増した。(笑)

(SNSに対して、主導権は俺が握っているぜ!状態)

そもそもだが、沢山フォローしたところで、全員の真似なんかできないわけだから、

参考にすべき存在、到達目標は数人でいいのだ。

習慣1つ変えるのも苦労するのが人間なのに、

50も100も目標とする人を設定し、さまざま主張と反対意見なんて目にしていたら、

何もできなくなる。

まずは1人、もしくは数人から学び、

実力を伸ばして、視座を高めることが最優先で、

多く意見を取り入れるのはその後でいい。

自分なりの「正解」がある人は強い

何度も言ってくどいようだが、そもそも、

ほとんどの物事に絶対的正解などないのだ。

たとえば、

「愛」とは何か。「自由」とは何か。

なんて、友人や恋人と娯楽として話すくらいがちょうどよく、

ところかまわず持ち出して、真剣に議論し他人に押し付けるものじゃない。

SNSで漠然と情報を眺め、いちいちちょっかいを出したり、

不安になるってそれぐらい不毛なことで、

堂々と自分の「好き」を集めたらいいのだ。

そして、

自分なりの「正解」を見つけて、進めばいい。

他人との比較も不要で、

上を見たらキリがないし、新しいものは魅力的に見えたりする。

ましてや、ありとあらゆる分野でナンバーワンになんてなれるわけがない。

他人と比較するという世界観で生きてしまうとなかなか幸せを実感できない。

他人との比較の世界にはまっていると感じたら、

自分のベクトルなり波長が下がっていると認識して、直ちに修正を図ろう。

情報過多の波に無意識に引っ張られて、当たり前のことを忘れてしまうこともあるが、

とにかく、大事なことは、

現実世界で幸せであるかどうか。

やるべきことは、現実世界で自分の課題と向き合い、一つひとつ超えていき、

自分なりの「正解」を見つけること。

そして、家族や恋人、友人に感謝しながら、

自分が出した「正解」を進んでいくことだ。