SNS時代の誹謗中傷について考える~優しい人のSNSの使い方~

Business
この記事は約7分で読めます。

2020年5月23日悲しいニュースがあったが、

個人的には、このようなことが起こる前から、

ネット上での理不尽な誹謗中傷や揚げ足取り、煽りがやたら多いことに対して、

危惧というか、この流れはおかしいのではないかと思っていた。

その証拠としては、このブログの一発目の記事を読んでもらえば理解できると思う。

俺自身は、嫉妬ですらほとんど、というか、まったく感じたことのないタイプで、

自分が弱いからネガティブに感じる、

人のことをどうこう言ってる暇があるなら自分を磨くわ、

己が強けりゃいい、という考えなので、

(もちろん生きていれば意図せず人を傷つけることもあるだろうが)

悪口や無駄な揚げ足取りにエネルギーを費やしている人間の気持ちが、

少しズレるがついでにいうと、下を見てホッとする人間の気持ちが、

本当に1ミリもわからないのだ。

なぜ過剰な誹謗中傷が起こるのかを考察すると長くなるので、

この記事では、とはいえ、現代において活用しない手はないSNSやネットサービスで、

優しい人はどのようにして考え、立ち回るべきなのか、

著名人の言葉からヒントとなるようなものを選んで紹介していく。

「アンチは養分。」ある有名経営者の言葉

これは、テレビやYouTubeを観る人なら皆知っているレベルの著名な経営者と俺が飲んだ時に、その彼がアンチについて言っていた言葉。

彼によると、「アンチは自分を目立たせてくれるツールの一つでしかない。」

「うまく使う。それ以上でも以下でもない。」

とのこと。

一般的な経営者には、アンチは一つの意見もしくは邪魔でしかなくても、

彼の場合は経営者でありながら、タレント性も感じられるブランディングをしているので、その場合はパフォーマンスを盛り上げてくれる「養分」にできるのかもしれない。

とにかく、アンチに対する彼の言葉には、

「アンチは大した奴らでなく、ツールでしかない。」

というようなニュアンスが感じられた。

性善説を持ち出すからショックを受けるのであって、

アンチは、ただのツールで養分、

といった割り切った考えも必要なのだろうと、

また、一流経営者としての強さを感じさせられた一言であった。

「光側の人間とスラムな人間がいる」与沢翼

(この章では与沢翼さんの言葉をなるべく簡潔にまとめます。)

(そのままが知りたい人はYouTubeで「与沢翼 誹謗中傷」で検索してください。)

世の中には論理や理屈や常識が違う人達が共存している。

だから罰則や重い代償があっても、合理的判断ができず、衝動で超えてくる人がいる。

成功しているなど光側の人間は、悔しさや嫉妬などをプラスのエネルギーにしてきた強い人。そういう人からしたら、ネットの嫌がらせやいじめ、誹謗中傷すること自体が意味がわからない。

しかし、嫉妬や苦しさを超えられない弱者は一定数いてこれらはゼロにはできない。

与沢流~発信者はどう振る舞うべきか

1.「見ない」

掃き溜めは「見ない」。それは逃げているわけではない。

現実世界で、危険な地域やスラム街にわざわざ行かないのと同じ。

暴力や犯罪など違う論理や理屈で成立している治外法権の世界にわざわざ行っても

メリットがない。

2.「躊躇なくブロック」

海外では言っていいことと悪いことの言論統制がかかっている。

海外の強者の世界では基本的に一発アウト。絶対に許されないし戻されない。

悪いことをする奴はまた悪いことをする。変なことを言う人はまた変なことを言う。

そんな人達と繋がりをもってもいいことはないので、

害を感じたら、条件反射一発アウトで、躊躇なくブロック。

3.「自分の場所では、理不尽な論理を述べさせない

発信者として、自分が発信している場は自分の場所。

光の当たっている場所で、わざわざネットスラムな人間に付き合う必要はない。

ネットスラムな人間は、ネット上のスラム街へ行かせたらいい。

人種が違うというか、生物種が違う人がいる。世界を切り離して考えるべき。

発信者も気を付けるべき

与沢翼さんは、誹謗中傷する人間をスラム街に例え、弱者という言葉を多用していることが印象的だった。

ただ与沢翼さんは、光側の人間が光を当てようとしても、誰かにとっては苦痛になることもあるので気を付けなくてはならない。

強者の論理を振りかざし過ぎることや他者を下に見る発言は良くないので、発信者側も考えなくてならない

とも語っていた。

「最初から戦わない事」「見ない勇気」ROLAND

ROLANDさんは、見ないということに関しては与沢さんの上を行っている。

彼はSNSのフォローは0で発信のみを行っている。

もちろん、まったく目に入らないということはないだろうが、

ここにROLANDという人のスタンスが貫かれている。

実は最近俺もフォローの数をかなり減らした。

これまでは興味のある分野で成功している人達を片っ端からフォローしていたのだが、

沢山フォローしていると、多くの情報が目に入り過ぎて何が正解なのかわからなくなってくる。

また、誹謗中傷や荒れたやり取り、

一部のインフルエンサーの他者を下に見るような発言が目に入り、

心がすさんでくるからだ。

実際、フォローを人間性含めリスペクトできるビジネス系と筋トレ系著名人計5名とセクシーLady(笑)だけにしたら、

やるべきことが明確になり、自尊心と幸福感が爆増した。

ROLANDさんがあれだけブレずに自分を貫けるのは、

絶対的正解などない世の中で、

あえて他人の情報を削り、

自己追求にフォーカスできていることにあるのかもしれない。

個人的な考え

俺の考えと経験談も少し。(読みたくなければ総括へ)

基本的に、理不尽な誹謗中傷や妬み、揚げ足取りや煽りは、

光側の人間からしたら本当に理解不能である。

もちろん不の感情を感じることはあってもわざわざ攻撃しに行くことはないだろう。

これらは己の弱さから生み出された毒であって、原因は自分にあると俺は考えていて、

充実した日々を送っているキラキラした人間であれば、攻撃には至らないだろう。

それをわざわざ他者にぶつけにいくというのは、大人の場合、

自分の弱さと向き合えない、他責型の人間によるものが多いと考える。

はっきり言って、人間的にレベルの低い人達だと思っている。

例えば、難しい言葉を並べ立てて人を煽り、知性マウントをとってきたとしても、

俺からしたらしょうもない喧嘩ふっかけてきてる時点でその人はアホなのである。

そもそも全てを満たす完璧な発言や外見など存在しないことは誰もが理解しているはずで、

あるワンシーンだけでその人の全てを理解できるわけでもなく、

あらゆる視点、立場の人間がいる以上、つつこうと思えばいくらでも可能なのだから、そこを無視した理不尽な誹謗中傷、粗探しは、負の連鎖でしかなく、

する意味がないのだ。

頭イってた時代の経験談だが、ふっかけられても、知性の釣り合わない人間と討論をするとまず話にならないので不毛だ。

理由としては、論理に対して感情で話してくる、ゆえに生産的な話ができない。

こちらの意図が理解できていないまま熱くなり話を進める、

感情的になるので論点がズレまくり永遠に終わらない、結果傷つけ合うなど。

当時高校生だった俺は、不毛に傷付け合うだけで、まるで戦争だな、と感じていた。

ダラダラと述べたが、つまりは単純に、雑魚

相手にするレベルではないのだが、イラつきはするので、何かしらの対策で、関わらないようにするのがベストだと思う。

良い悪いは言わないが、知性と人間の質の差、格の差というのは確かにある。

(SNSやネットでは、そもそも相手が中学生など本当に子供ということもあるだろう。)

総括

以上3名の発言を中心にこの記事を書いたが、

基本的にアンチや誹謗中傷に対する対応は以下の3つ。

  • マーケティングやマネタイズの養分として利用する。
  • 無視して、躊躇なくブロックする。
  • 同じステージに立たず、無いものとする。

この三人以外にも著名人の多くはこれらの方法で対処していた。

優しい人には、養分やアホ、弱者や雑魚などと割り切ることも難しいだろうが、

どれだけオブラートに包んでも、与沢さんが彼らをスラム街や弱者と例えたように、

無駄な誹謗中傷をする人達は、口には出されなくても、(けして著名人達の強がりではなく)結局、人間として、どこか下に見られている。または、不要と見られている。

最近は、マッチングサイトなどで、精度にはまだ甘さがあるものの、特定のワードに反応してアカウント停止が起こるなど、アクションが起こるようになっていたりして、

個人的には、これらの規制は今後強まると予想している。

いずれにせよ、少なくともネット上では、

会話するに値しない、ブロック一択の相手なので、

規制が進まない限りは、優しい人達は、目には目を、ではないが、それらに対処するための、少し厳しい考え方や方法を身に付ける必要があると考えている。