I’m OK. You’re OK.〜このサイトについて〜

My Life
この記事は約3分で読めます。

どれだけ真剣に一冊に向かってもまったく記憶に残らないこともあれば、

たった一小節、あるいは、たった一言が頭から離れず、定着し、指針になることもある。

「I’m ok, you’re ok.」

心理学を学んでいた頃、ある日の授業で出会った言葉。

意味としては

「私は正しく、あなたも正しい。」

この言葉は、心理カウンセリングの基本的な姿勢にも通ずると教えられた。

「I’m ok, you’re ok.」

「私は正しく、あなたも正しい。」

結局大学には7年近く在籍していたのだが、卒業した今も指針の一つとして自分の中にあり、

これが僕の基本的な在り方になっている。

TwitterやYouTubeをはじめSNS、他者と繋がり意見を交わし合うツールが身近にあることが当たり前になった今、ネット上では、あらゆる意見が日々飛び交っている。

ネガティブな側面を見れば、

ネタなのか本気なのかは知らないが、無駄に人を煽るような言葉や揚げ足とり、

金が全てかのようなポジショントーク、

そうでないものに対する人格否定のような行き過ぎた発言、冷酷な言葉。

フォロワー数による絶対的強者感とマウンティング。

これらが起こるのは、ある程度仕方のないことだとは理解できる。

SNSの醍醐味とは、現実世界での年齢や地位、経験による視点、知性や人間性の違い、

これらの壁をなくして、

本来交わることのないものが平等に交流の権利を持ち、発言ができる場であるのだから。

それにTwitterにおいてフォロワー数とは一番の指標である。

必ずしも140文字の言葉そのままが全てではないこともあるし、

140文字の制約の中では、全てを表現しきれないこともあるだろう。

これからの時代、真に受けない精神性やアンチ耐性を養うことも必要なのかもしれない。

それでも僕らは誰かが放った1つの発言に多少なりとも影響を受ける。

また、あまりに多くの意見と情報に、

何が正解なのかわからなくなることもある。

しかし、SNSはチャンスでもある。

特に若者にとって使わないという選択肢はないほどに浸透している。

ならば、

もっと平和な世界は作れないものか。

僕が今、ひとつ言えるのは、人生に、自己実現の方法に、

「絶対的な正解はない。」

ということ。

それぞれの生き方にそれぞれの幸せの形がある。

全ては一つの意見であって、

絶対ではないんだ。

なにを正解とし推し進めるかを決めるのは、自分。

このブログが、自分なりの生き方や幸せの形を見つけることに、

少しでも役に立つことがあれば嬉しく思う。

最後に、もう一度、

「I’m ok, you’re ok.」

「私は正しく、あなたも正しい。」

RYO