自己実現理論を理解して、幸せになろ。~マズローの欲求5段階説~

Business
この記事は約12分で読めます。

今回は、人間性心理学の生みの親と言われるアブラハム・マズローが提唱した、

「マズローの欲求五段階説」(自己実現理論)について解説します。

各欲求を説明した後、最後に、この理論の活かし方についても考えてみました。

先にひとつ述べますと、欲求五段階説の各欲求を下から丁寧に満たしていくことを意識すると

健康的に無理のない真の幸福が掴めるのではないかと筆者は考えます。

 

マズローの欲求五段階説(自己実現理論)とは

 

この画像には alt 属性が指定されていません

マズローの欲求五段階説(自己実現理論)は、

人間は自己実現に向かって絶えず成長するという仮説をもとに作られています。

 

マズローは、人間が持つ欲求には、

「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求(所属と愛の欲求)」「承認欲求」「自己実現欲求」と

5つの段階があると考えました。

 

そして、これらの欲求はピラミッド状の序列で成り立っている、という考え、

欲求五段階説は、低次の欲求である「生理的欲求」から始まります。そして、

 

生理的欲求→安全欲求→社会的欲求→承認欲求→自己実現欲求

と、満たされるごとに人間の欲求はステップアップしていき、

最終的には自己実現(欲求)に至る、という考え方です。

では各欲求について説明していきます。

1、生理的欲求【物質的欲求】

生理的欲求とは、

食欲、睡眠欲、排泄欲、(性欲です。

 

ヒトという動物が生きていくために必要最低限の根源的な欲求・また本能的欲求といえます。

(性欲に関しては、書かれていたりそうでなかったりしますが、

この記事では記載したいと思います。)

 

現代社会では、欲しいものが沢山あったり、したいことが出てきたり、

多忙で睡眠時間が短くなってしまったりと、誘惑や制約も多いでしょうが、

そんな生活の中でも、まずは食事と睡眠をしっかりと満たす、ということが、

長期的な視点で本物の自己実現的な生活の獲得について考えると大切なのかもしれません。

常に健康でコンディションが万全であるからこそ、頑張り時に頑張れるからです。

(心身が健康である方が、異性からも魅力的に見えますし、

充分な睡眠で頭も身体も冴えていれば、スマートなデートもできますよ。笑)

 

娯楽よりも食事や食費の優先順位を上げ習慣化し、寝具や睡眠環境を整えてから、生活費を計画的に使えるとQOLの高く保ちやすくなります。

2、安全欲求【物質的欲求】

身の安全(健康)

生活の安定(食料や住処、金銭的な問題)

法や秩序の安心感

 

これらが満たされていないと、自己実現どころか、生活を楽しむ余裕すらなくなってきます。

健康とは失ってから初めて気づく幸福といえます。ですので、健康であるうちから、ある程度意識して日々を過ごしたいものです。

 

生活の安定や、法や秩序の安心、については、日本はなんだかんだいっても非常に恵まれた国です。

困った時は国民の権利として、国の制度を存分に利用しましょう。

 

とはいえ、とにかくまず自分で意識的に取り組めることは「健康」です。

健康あってこそ、はじめは最低限の暮らしであっても稼ぐことができ、

そんな生活の中でも、次のステップへ向けての努力もできるのですから。

 

生理的欲求は「ヒト」として、安全欲求は「人」として、生きていくのに、

必要最低限の欲求と言えます。まずは土台として、この2つの欲求を満たし確保しておくと、精神的にスムーズに自己実現のフェーズへと向かうことができます。

3、社会的欲求【精神的欲求】

社会的欲求は、所属と愛の欲求、とも言われます。

所属対象は、家族、友人、学校、会社、その他組織・コミュニティー、などです。

他者との関係の中で、自分を受容され、認められて、愛され存在価値を見出したい。

時に人を支え、支えられ、喜びや悲しみを分かち合いたい、ということです。

 

いくらひとりでいることが好き、という人でも、

本質的に人は一人では生きられず、どこかでwin-winの関係性を求めており、

win-winの関係性が人生の幸福感を大きく高めてくれます。

それは仕事であっても、

 

恋人や友人であっても構いません。

不登校や引きこもりは所属したいのにできていない、という苦しみもあります。

その上で時に家族にも責められます。

このような経験はのちの社会復帰に大きく影響することがあります。

せめて家族からでも受容や信じて支える・励ますといったアプローチをしたいものです。

それが社会へ踏み出す勇気に繋がります。

また、うつ病などの精神疾患の場合も、誰かとコミュニケーションを取り、理解者や共感しあえる関係性を築くことが大切です。

今はネットでのやり取り(チャットアプリ等)も可能なので、そこから展開していくこともアリでしょう。

小さな成功の積み重ねは、大きな成功へと繋がります。

愛が人を救うし、人を変える。

世の中には様々な考えや経験、器を持つ人間がおり、コミュニティーや職場も数多くあります。また、このような言い方はあまりしたくありませんが、そのレベルの人間が集まる層があります。

自分を洗練させていく気持ちさえあれば、一度チャレンジして合わなければすぐに引くのも一つです。過度に自分がいけないと思う必要はありません。何度もチャレンジしてください。きっとアナタを笑顔で迎え入れてくれる人やコミュニティー、働きがいのある職場があります。

 

4、承認欲求【精神的欲求】

承認欲求とは、単に所属しているだけでなく、

その中で「高く評価されたい」という欲求です。

 

承認欲求には

「低位の承認欲求」「高位の承認欲求」があります。

 

低位の承認欲求は、他人に注目されたい、他人から評価を得たいという欲求。

 

高位の承認欲求は、周りにどう評価されるかではなく、自分が自分を承認できるか、

自分が自分を好きでいられるかに軸が置かれています。

進むべき道は高位の承認欲求

低位の承認欲求も若い頃には一つの強烈なモチベーションになったりもし、

実際ある程度その人の魅力を引き上げることができます。

また人間的に未熟な相手であれば「凄い人」だと思わせることができ、惹きつけることも可能です。

 

しかし、いずれにしても最終的には、高位の承認欲求へ移行する必要があると筆者は思います。

その理由は以下の2つ。

・低位の承認欲求の人間的薄っぺらさはいつか見透かされる

・高位の承認欲求を追求していると必然的に評価される人間になっていく

 からです。

精神分析学者・心理学者のアドラーはこんなことを言っていました。

自分を苦しめている正体は、

他者と自分を比較する「不健全な劣等感」劣等コンプレックスによるもの。

しかし、理想の自分と現実の自分を比較する「健全な劣等感」は人の進歩の原動力。

自分を苦しめている正体その2は、

優れていない人と自分を比較する「優越コンプレックス」。

今の自分より優れた存在になりたいと、マイナスからプラスを目指して努力することは人の進歩の原動力。

 

未来の自分を見据え、超えるべきは過去の自分。

そうして努力を進めると、苦しみは消え、生きる喜びは増していく。

5、自己実現欲求【精神的欲求・成長欲求】

自己実現欲求とは、理想とする自分を実現したい、

自分にしかできないこと、自分らしい生き方を実現したいという欲求です。

 

この欲求(次元)を臨場感を持って感じ始めたら、アナタはそれなりの努力と成功体験をし、

それなりの人間性も獲得しているはずです。 

 

変な話ですが、

一般的な幸福であればおそらくもう手に入れることのできる人間になっていることでしょう。

 

この自己実現欲求の難易度というのは、アナタが描いた自己実現の姿によります。

例えば、田舎に移住して幸せな結婚をしたいのか、

起業やフリーランスで生活していきたいのか、

プロアスリートになって社会的に有名になりたい、のか、

ハリウッドスターになって成功する、を描いている人もいるかもしれません。

というように、自己実現欲求の難易度は人によって違います。

 

しかし、まずは、臨場感を持って挑めるまできたアナタはすでに優秀であり立派であると筆者は言いたいと思います。

 

人生はいつ何が起こるかわかりません。

描いたとおりになることもあるし、

目指していた形とは少しズレてもそこから始まる、ということもあります。

1度きりの人生を楽しみながら、ゆるりと、また人によってはギラギラと勝負していきましょう。

6、自己超越

マズローは研究途中だったようですが、6段階目の自己超越の欲求の可能性を探っていたようです。

これまでは、自身の幸福に軸が置かれていましたが、

この領域に達すると、もっと広い視野、マクロの視点、マクロな感覚が生まれます。それは、

 

見返りを求めずに使命を果たそうとする。

社会のために、世界のために、奉仕的な活動をする。

(ボランティア、寄付、支援サービスや支援団体を設立をするなど)

そして、その活動こそが自身の喜びとなる

 

といった段階です。

世界的な大金持ちやハリウッドスター、トップアスリートが莫大な額を寄付することがありますよね。

マズローはその段階にも着目していました。

 

 

僕とこのサイトの読者様が目指す姿は、強く優しく、です。

お互い精進しましょう。

(ちなみにマズローはこの領域に達する人間は全人口の約2%と言っていたという説があります。)

 

欲求五段階説(自己実現理論)は好きに使っちゃって〜。

この記事の冒頭で、

「欲求五段階説の各欲求を下から丁寧に満たしていくことを意識すると

健康的で無理なく健全な真の幸福が掴めるのではないかと筆者は考えます。」

と述べました。

 

なぜそのような言い方をしたかというと、

確かにマズローの五段階欲求説を知ると、そんな気がしてくる。

この通りに進めると精神衛生上、正しく幸福になれる気がしてくるのです。

 

しかし、世の中には、前段階の欲求をすっとばして、より高位(高次)の欲求を追求し、

成功した人間もいます。また、評価されたのは、没後だとしても、特別に評価されている人間もいます。特に芸術家に多いイメージです。

偉大なアーティストの中には、自己実現欲求が異常に強くて他の部分はメチャクチャなんて人物もザラにいます。

ただ彼らの人生の中には長い間貧乏であったり、精神疾患や健康問題で苦しんだり、

孤独な時間を長く過ごしていた人達も多くいます。

 

ここで冒頭の、

「欲求五段階説の各欲求を下から丁寧に満たしていくことを意識すると

健康的で無理なく健全な真の幸福が掴めるのではないかと筆者は考えます。」

に戻るわけですが、

前段階をすっとばしてただひたすらに高位(高次)の欲求の追求をしていく人生は、

多くの天才と呼ばれた(主に芸術家の)人生を参考にすると、なかなかにハードモードなのです。

 

どの段階を飛ばすかは、人によりますが、

例えば、学力が全くない、青春を知らない、恋愛を知らない、職がなく常にお金がない、

そうして無理をしながら、人を傷つけたり、人に責められて孤独に日々を過ごす、

また、この期間があまりに長く続き、ついには潜在的に蓄積したストレスで心身を壊す、など、

完全にすっ飛ばした生き方というのはあまりにリスクがあります。

 

なので、欲求五段階説を参考に各々で、欲求をバランスよく満たしながら生きることが大切です。

 

欲求五段階説(自己実現理論)をうまく使うコツ

この記事を読んでくれた方の中には、「あれ、俺には複数の欲求が同時にあるぞ」と思った方もいるでしょう。

そうです。人間の欲求は必ずしもこの階層で段階を踏んで現れるわけではありません。

ある程度人間的に成熟してくると、各階層ごとに重要度(パーセンテージ)は違えど、

同時に欲求が現れることも多々あります。

 

また、人生というのはナマモノであり、満たされていたものが急に失われたり、状況や年齢によって、

自然現象が如く変化していくものです。

 

そのような時のコツは、

マズローによると、同時進行で満たされることもあるが、

上の階層より下の階層の欲求から満たしていくことの方が幸福感の高まりは大きい

とのことです。

苦しく判断に迷った時は、1度、下の階層から満たしていく試みをしてみてください。 

最後に、後輩たちへ、筆者の経験からアドバイス

もしアナタに果たしたい夢や野心があるならば、

社会的欲求(所属と愛の欲求)の段階では、自分と同じ夢や野心を持つ人間が集まる場所、コミュニティーに挑んでいき、そこでコミュニケーションの輪を広げていくことをオススメします。

というのは、そのような環境や同志から受ける影響というのがアナタのマインドや経験、アナタ自身の存在を大きく変えるからです。

また、そこで築いたコネクションが、アナタに大きなチャンスを与えてくれる可能性があるからです。

 

次に、承認欲求の段階においても、アナタの夢や野心に近い、自己実現の可能性が広がる業界、

できることならその先に自己実現がある業界で生きるべきです。

なぜなら、他の分野で仮にアナタが成功し、人々や仲間に賞賛されたとしても、

本当にやりたい分野に挑戦するとなったとき、アナタはまたゼロからの存在になります。

もちろん人生において無駄なことは一つもないと言えますが、人生はそんなに長くない、というのも事実であるからです。

 

残念ながら少なくとも今の僕の世代では、大人になればなるほど、人は夢を語らなくなり、

また夢を追う人間に対してなかなか熱くなってはくれません。

 

しかし、これについては誰もわるくないのです。

皆にもそれぞれの生活がありますから。

 

また、体力的な問題もあるのでしょう。

大人になると、頭は少しばかり賢くなりますが、10代の頃のような爆発的な活力、肉体的なエネルギーは一般的に落ちてきます。笑

どこか、「こういう幸せもありだ」、と自らに語りかけてくる自分も生まれます。

 

だからこそ、その熱量を大事にしてください。

青くさいことも大きな武器です。

やりたいことから逃げずに、勇気を出して立ち向かってください。

時間はあるようでないから。

そしたら、きっとアナタに合う人間と出会えますから。

 

 

ってなわけで、

 

 

俺様は一生Rock ‘N’ Roll貫いてやるから、

お前ら力つけたら、俺様に協力しやがれっ‼︎

DMヨロシク‼︎&

Rock ‘N’ Roll‼︎