なるべく無理なく太りたいデブエッター必見【食事内容を公開】

Physical
この記事は約3分で読めます。

これまで沢山の増量方法を試してきたが、なかなか続かったというのが本音。

なかなか太らない人間にとって、デブエットというのは本当に大変。

「もっと無理なく続けられる方法はないものか」

これが最大の悩みであった。

しかし、今回は僕と同じように太りにくかった格闘技の後輩が、

数ヶ月で15キロの増量に成功し、その食事内容もあまり無理のないレベルであったので、

紹介しようと思う。

(多少ざっくりとした内容ではあるが、そこはご了承ください。笑)

1日の食事内容

朝食 バナナ1本 ギリシャヨーグルト1カップ アーモンド15粒程度 干し芋数枚

昼食 栄養バランス良く弁当二つ分程度のカロリー(おそらく1000キロカロリーちょい)

間食 バナナ1本 ギリシャヨーグルト1カップ アーモンド15粒程度 干し芋数枚

夕食 栄養バランス良く弁当二つ分程度のカロリー(おそらく1000キロカロリーちょい)

就寝前 プロテイン1杯

 

ちなみに、ギリシャヨーグルトに関しては今流行りの1カップで10g程度のタンパク質が取れるもの。

(おそらくオイコスというヨーグルト。)

1日のタンパク質量は体重✖️2g程度を意識しているようだ。

 

僕は実際に二回りくらい大きくなった彼の体を見ているので、

もっとハードな食事を行っていると思ったが、朝食の食べやすさなどを含めて、

あまり無理がないなと感じた。

 

筋トレ内容

筋トレは主に週3回〜4回のジムトレを行い、

10回前後上げられる重量で各種目3〜4セットを行っているらしい。

時間にすると1回のジムトレは約1時間。

一般的に特にツラいとされる下半身トレーニングは特に無理せず軽い重量ですることで、

精神的負担を軽減している。

(ちなみに彼の趣味は自転車でわりと漕いでいると思う)

1、大胸筋、肩、腕

2、背中、腕

3、下半身、腹筋

 

カッコ良く太るにはやはり食トレ筋トレを続けること

カッコ良く太るためには、やはり食トレと筋トレが大事。

彼もまた太るためには当たり前のことを当たり前にこなしていた。

ただ、彼の食事内容は特別にハードなものに感じないし、

トレーニングも今の彼には趣味のようなものだし、苦手な下半身トレーニングは軽く行う程度と、

無理のない「続けられる範囲」であることがポイントだと感じた。

ちなみに、筋肥大に関してはあまりに軽い負荷でなければ(1セット50回程度できてしまうもの)

自重トレーニングであってもジムトレとほぼ同じような結果が出るという

研究結果も出ているので、

まずは自宅トレーニングを習慣化してみると良いだろう。

 

「継続は力なり」