うつ病と診断されたらまずすることは、「十分な休養。」

Mental
この記事は約5分で読めます。

心療内科・精神科で、あなたはうつ病と診断されました。

そうした場合、まずは何をすることが大事なのでしょうか。

 

答えは「ゆっくり休む」ということです。

 

これまでよく頑張ったあなたに必要なのは、十分な休養です。

 

経験者として、焦りや葛藤があることもよくわかりますが、

まずは、自分をいたわりましょう。

 

そういう「時期」なのです。

 

後記。うつ病を患いやすい人の特徴として、真面目、責任感が強いなどの特徴が挙げられます。

なので、焦る気持ちは十分にわかるし、葛藤もうつ病のつらさの1つだと思っています。

しかし、経験者として、うつ病などの精神疾患から良くなるには、努力するにも「段階」があると思っていて、

無理を重ねても、体調が悪化して逆に長引いてしまうことがある。

僕はそこを危惧して、うつ病初期の治療(努力)「段階」で何をしたらいいのかについて、

この記事で書いています。

うつ病治療の基本は徹底した「休養」。

うつ病治療の基本は徹底した休養です。

お医者さんに処方された薬を正しく飲みながら、

アドバイスを参考にしつつ、基本的に家でゆっくり過ごしましょう。

 

うつ病治療の大きな3つの柱は「休養」・「薬物療法」・「精神療法」ですが、

休養は薬物療法と同じくらい大事なことです。

 

基本的には家でごろごろと過ごし、

眠りたいという欲求があるならば、そのままたっぷりと睡眠をとりましょう。

 

うつ病初期の理想の休養は上記の通りで、

仕事や学校、家事などから離れてゆっくり休むことが大事です。

食事も可能であればとってください。健康であるためにやはり栄養補給は大事です。

しかし、現実的には、仕事や学校を休むことに対する不安や焦り、

一人暮らしの場合は金銭的な問題や、

食事の用意、ある程度行う必要のある家事や買い物などがあります。

これらのことがうつ病から回復するために必要な「十分な休養」の難易度を上げます。

この問題については、他の記事で取り上げるのでご覧ください。

 

十分な休養をとるためにまずは周りの理解を得ましょう。

うつ病と診断された人は、心身ともにエネルギーが枯渇した状態です。

責任感や焦りから、

 

「少しだけでも仕事ができないものか」

「少しだけでも勉強を続けよう」

 

などと考えがちですが、

今のあなたの仕事は「ゆっくりと休むこと」です。

 

中途半端に動いて症状が悪化すれば復帰がとおのきます。

 

病気であるということを受け入れ「休養をとること」に専念することが今は大事です。

 

会社や学校に休むことを理解してもらう、また家族に休養に入ることを理解してもらうために、

受診している精神科・心療内科で診断書を書いてもらいましょう。

 

焦る気持ちや不安について。

うつ病になりやすい人の特徴として挙げられるのは、

・まじめ

・きちょうめん

・責任感が強い

・正義感が強い

・完璧主義

などなので、

休養に専念し、ただ何もせずに過ごす日々というのも、

あなたにとっては難しいことかもしれません。

 

(ちなみに僕もそうでした。

調子がわるいなりに何か生産的なことはできないものか常に考えていました。

そして、それができない、ということが焦りや不安、苛立ちなどの葛藤に繋がっていきました。

なので僕は愛情を込めて、あなたに言いたい。

「無理です。あきらめてください。」と。

そして、「そういう時期がきたのです。ただリラックスすることに専念してください。」と。)

 

大事なことであるので、繰り返しになりますが、

うつ病初期のこの段階においては、

 

・自分がうつ病になったことを受け入れる。

・自分はうつ病なんだ、と開き直る。

・「休むことが仕事」と考える

 

などしてください。

 

とにかくあなたにとって今は(人生の)「休養」の時期です。

 

補足。休養期間の目安など。

うつ病に関するある本では、

「個人差があるものの、うつ病が回復するまでのおおよその目安は3か月から6か月。

そのうち休養期間の目安は2か月。」

と書かれていました。

 

また休養期間で大切なのは、

「あせらずに、覚悟を決めて、徹底的にのんびりすること」

だそうです。

 

ただ期間については個人差があるので、あくまで目安として捉え、

あまり気にしなくていいと思います。

 

僕はそこそこ活動できるようになるまで数年かかっています。

理由としては、自分の状態に気づきながらも限界まで無理をし続けて、重症化してしまったこと。

「休むことが仕事」と割り切るまでにかなりの時間がかかったことが挙げられると思います。

 

実際、寝たきりの期間がそれなりにあったとはいえ、休養中も

「なにか生産的なことをしなくては」と、なかなかマインドまでは変わらず、

「休養」とは何か未だによくわかっていません。笑

 

僕と同じような考え、気質の人のために、

休養期間にベッドの上でボーっとしながら楽しめるサービスを紹介しておきます。