【幸せとはなにか?】精神科医が見つけた3つの幸福【幸せの定義となる方法】

Book
この記事は約11分で読めます。

うつ病になってから、

「人はなんのために生きるのか?」

「生きる意味とは何か?」

「幸せとは?」

なんて考えるようになりました。

 

今回は、「精神科医が見つけた3つの幸福」という本を見つけたのでこの本から、

幸せについて、書いていきたいと思います。

 

幸福論についての本は多くありますが、

精神科医が医学的な視点に基づいて「幸せ」について、

そして「幸せになれる方法」について書いている本は珍しいと思うので、

「幸せとは?」「もっと幸せになりたい‼︎」と考える人は、

この幸せの実用書を参考にしてみてください。

 

後記。

セロトニン的幸福・オキシトシン的幸福・ドーパミン的幸福がどういうものかを理解してから、

自分の生活で今どういう幸福・刺激が足りないかが明確にわかるようになり、迷いが減りました。

それだけでもこの本との出会いには大きな「価値」があったと強く思っています。

 

 

幸せとは何か?【幸せの正体・定義】

幸福論ではなくあくまで「医学的」に「幸せ」について見ていくと、

人間が幸せを感じている時、

脳内では100種類以上の幸福物質が分泌されていることがわかりました。

 

それら幸福を感じる脳内物質には、ドーパミン、セロトニン、オキシトシンをはじめ、

エンドルフィン、アドレナリン、ノルアドレナリン、GABAなど多くの脳内物質があります。

 

書籍「精神科医が見つけた3つの幸福」では、

幸せの実用書としてそれら脳内物質のうち、十分に研究されていて、

かつ、日常生活場面で使いやすく、自分の意志や行動で分泌、調整が可能な幸福物質である

「ドーパミン」「セロトニン」「オキシトシン」に着目しています。

 

(ドーパミン、セロトニン、オキシトシンは多くのメディアで「幸福物質」「幸福ホルモン」と紹介されており、世界的に見ても3大幸福物質といってもよさそう、と書かれています。)

 

そして本書では、「幸福とは何か」の問いに以下のような答えを示しています。

 

ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが十分に分泌されている状態で、私たちは「幸福」を感じる。つまり、脳内で幸福物質が出た状態が幸せであり、幸福物質を出す条件というのが「幸せになる方法」である

書籍「精神科医が見つけた3つの幸福」P22から引用

  

【幸せホルモン】3大幸福物質から「幸福」を分類すると

「精神科医が見つけた3つの幸福」では、

ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが、それぞれどのような条件、状態、行動で分泌されるのか理解すれば「幸せになれる」と書かれています。

そして読者の理解が深まるように、具体的なアクションができるように、書かれています。

 

本書ではまず、3大幸福物質をベースに、

「セロトニン的幸福」

「オキシトシン的幸福」

「ドーパミン的幸福」

と分類しました。

 

セロトニン的幸福とは、心身の健康の幸福。

オキシトシン的幸福とは、つながりと愛の幸福。

ドーパミン的幸福とは、お金、成功、達成、富、名誉、地位などの幸福です。

 

次の項目からそれぞれの幸福についてより詳しく説明します。

 

ちなみに著者は、「幸せには優先順位がある」、と述べています。

というのは、著者が医師としてメンタル疾患の患者を何千人と見てきて感じたことは、

彼らは「頑張り屋」「非常に真面目で勤勉」、ということだそうです。

この経験から著者は、

セロトニン的幸福(健康)を整えてからドーパミン的幸福(成功・達成)を目指さないと、

「幸せ」どころか「不幸」になってしまうことがあると言っています。

オキシトシン的幸福(つながりと愛)についても同様です。

この優先順位と関係性について詳しく知りたい方は本書をご覧ください。

 

セロトニン的幸福とは?

セロトニン的幸福(健康)は、幸福の基盤です。

基本イメージは「爽やか」「リラックス」で、

心的にも肉体的にも「体調が良い」「気持ちがいい」と言えるような状態が理想です。

 

セロトニンが十分に分泌されていれば、

自然とポジティブな気持ちや考えになり、気分が安定し、意欲が増します。

チャレンジしようという気持ちや集中力が増し、物事を楽しめるようになります。

(そして周りにもポジティブな影響を与えます。)

 

逆にセロトニンの分泌が不十分であると、

・感情的になる

・意欲が低下

・不安を感じやすくなる

・身体がだるい、痛いと感じる

・パフォーマンスの低下

・生きている意味が感じられなくなる

などが出てきます。

 

セロトニンが著しく低下すると、

衝動性が高まったり、ネガティブな考えが頭から離れない、ということが起こり、

行動を起こすエネルギーが不足し、うつ病といえる状態にもなります。

 

セロトニン的幸福(健康)は失ってから気付く

セロトニン的幸福である健康は

(本書ではセロトニン不足によるものだけでなく、怪我をはじめ肉体的な病気、身体的疾患を含む)

「当たり前」だからこそ「気付かない幸福」

と書かれています。

 

きっとみなさんにも、多かれ少なかれ、

風邪や熱、怪我などして早くいつもの自分に戻りたいな、以前の自分に戻りたい、

などと思った経験はあるでしょう。

 

セロトニン的幸福を失うとはまさにそれで、

「健康」であることは「幸福」なのです。

 

失ってから取り戻す、よりも大事なのは「予防」

メンタル疾患になると、「病気になる前の健康な状態に戻ること」が、

「人生の最大の目的」になると書かれています。

(よくわかります。

精神疾患を患えばその度合いはそれぞれでも、

「当たり前にできた自分」に戻りたいと、少なからず皆が描くことだと思います。

そして日々、そんな「当たり前」に向け、葛藤、苦悩しながら時間を費やし努力しています。)

 

精神疾患に限らず、たとえばスポーツ選手は怪我をしたら、レベルアップより回復することに注力しますし、怪我から復帰することに年単位の時間と努力を費やす選手も割といますよね。

それに一度大きな怪我や病気をすると、治った後も意識した生活が必要となります。

 

つまり、

病気になってから「健康」を取り戻すよりも、「健康」である今、

病気にならないための「予防」が大事で、

「予防」の方が、「健康」を取り戻す作業よりも数倍・数十倍、「楽」と言えるのです。

 

若い頃はほとんどの人は健康ですから、「努力」をせずに得られるのがセロトニン的幸福。

しかし、「予防」や「生活習慣」など、「努力」をしないと、あっけなく失われてしまうのがセロトニン的幸福と言えます。

書籍「精神科医が見つけた3つの幸福」P 48

 

オキシトシン的幸福とは?

オキシトシン的幸福(愛)の基本イメージは「つながりによる安心感」です。

本書では、「他者との交流、関係によって生まれる幸福全てと言っていい」と書かれています。

 

家族、恋人、友人、

誰かと一緒にいて湧く、「楽しい」「嬉しい」「安らぐ」といったようなポジティブな気持ちが、

オキシトシン的幸福です。

 

人だけでなく動物との触れ合いでも生まれますし、

個人間だけでなく、組織・コミュニティへの帰属意識や安心感でも生まれます。

 

人間関係やコミュニケーションの全てがオキシトシン的幸福に繋がっています。

 

オキシトシン的幸福が失われると?

もっともわかりやすいのが「孤独」「孤立」で、

友人や恋人ができない、相談相手がいない、コミュニティからはじかれている、結婚できない、

などと1人の状態が続くと、

「寂しい」「悲しい」「楽しくない」「満たされない」

などとネガティブな気持ちになり、ストレスがかかります。

また、いじめなどの人からの攻撃も大きなストレスです。

 

このような人間関係ストレスに長くさらされると脳は疲労し、

うつ病などメンタル疾患を引き起こします。

オキシトシン的幸福が失われると連鎖反応でセロトニン的幸福も失われるのです。

 

人間関係が人を幸福にするし不幸にもする

良い人間関係が人を幸福にするし、そうでない人間関係が大きなストレスとなることは、

感覚的にわかっていた人が多いと思いますが、

他者と関わらないということもまた人間にとってストレスになるということが医学的観点でわかりました。

 

なので、幸せになるには、良い人間関係を構築していけるようにならなくてはなりません。

 

「精神科医が見つけた3つの幸福」では、良い人間関係、つまり、

オキシトシン的幸福(つながりと愛の幸福)をいかにして築いていけばよいのかを、

第5章「オキシトシン的幸福を手に入れる7つの方法」で詳しく説明しています。

 

「精神科医が書いた幸福の実用書」というだけあり、

医学的・科学的データを交えながら、

現実的でより具体的なアクションプランについて書かれているので、

興味のある方はぜひご覧ください。

 

ドーパミン的幸福とは?

ドーパミン的幸福の基本イメージは「成功」「達成」です。

「何かを得る、達成した喜び」がドーパミン的幸福です。

 

ドーパミン的幸福は、セロトニン的幸福やオキシトシン的幸福の「静かな幸福」とは違い、

高揚感や興奮がともない激しく大きいことが特徴です。

 

また、ドーパミンは「もっともっと」の物質で、

モチベーションややる気の源であり、「努力」する力を生み出します。

 

つまり、ドーパミンは「自己成長」の源といえます。

 

ドーパミン的幸福を得るには「対価」が必要

ドーパミン的幸福には大きな幸福感がありますが、

何かを「達成」「成功」させるには、それなりの時間と継続した努力が必要です。

つまり比較的多くのエネルギーが必要といえます。

だからこそセロトニン的幸福である「健康」という基盤が必要となってきます。

 

実は簡単にドーパミン的幸福を得る方法はあるが・・・

ドーパミン的幸福を得るには基本的には対価としてそれなりのエネルギーを注ぐ必要がありますが、

実は簡単にドーパミンを出す方法もあります。

具体的には、お酒やタバコ、ギャンブルやゲーム、買い物、性行為などです。

(お気づきだと思いますが薬物も。)

 

手軽にドーパミン的幸福を得ようとするとこのような方法がありますが、

これらには依存性があります。

ドーパミンは暴走すると依存症になるのです。

 

ドーパミンは使い方次第で「自己成長」を引き起こす一方、

心身や社会的な「自己破綻」ももたらします。

 

なので、ドーパミン的幸福をどのように得て、どのように付き合っていくかを考えることは、幸せな人生を築く上で非常に大事であると筆者は言っています。

 

ドーパミンの光と闇

人は本来めんどくさがりな生き物で、より簡単に手に入る快楽へ向けて行動しやすい、

と言われたりもしますが、

みなさんも大なり小なりこの現象を経験していると思います。

 

例えば、仕事や学業などのやるべきことを後回しにして、漫画やゲームに没頭する。

筋トレすれば理想の自分に近づけると知りながら、結局好きなだけ食べて寝てその日が終わる、など。

 

人は「努力して結果を出して得られる幸せ」よりも「今すぐ手に入る幸せ(快楽)」へ流されやすいのです。

 

もちろん、時にはそのようにしてリフレッシュしたり、楽しんだりすることも必要ですが、

「安易な快楽」ばかり毎回選択してやり過ごすことは、

長期的な視点で幸福な人生について考えるとマイナスなことが多い気がします。

 

というのは、

・本当にやりたいことや、やらなくてはならないことは頭から離れない

・逃げているという意識が自己肯定感を下げる

・結局、物事をうまくやるにはある程度の努力が必要

・現実をポジティブな方向へ大きく変化させるにはより具体的な自己成長が必要

・やらずにいたことが原因であとから後悔することが多い

などの理由からです。

 

(「精神科医が見つけた3つの幸福」では、人は日々自己成長していると書いてありますが)

努力して結果を出して得られる自己実現へ向けて動くことが、

本当に幸せになるための鍵であると僕は思います。

 

(第6章では「ドーパミン的幸福を手に入れる7つの方法」について書かれています。)

 

「精神科医が見つけた3つの幸福」のススメ

ここまで3大幸福脳内物質である

「セロトニン」「オキシトシン」「ドーパミン」を軸に幸福について述べてきましたが、

「精神科医が見つけた3つの幸福」では、

それぞれの脳内物質の役割についての解説や手に入れるための具体的なアクションプラン、

それぞれの幸福のバランスの取り方についてはもちろん、

3大幸福脳内物質を起点に、

 

お金や結婚と幸福度の関係性についてや、

オキシトシンにはドーパミンによる依存症を抑制する効果があること、

マズローの欲求5段階説やコンフォートゾーンについて、

どうすればチャレンジできるようになるか、依存症や承認欲求との向き合い方、

食欲が暴走する人について、

第7章では、人生が変わる「お金」「遊び」「食」の習慣、など、

さまざまな興味深い話が精神科医の視点と研究結果を交えて書かれています。

 

なので、うつ病などのメンタル疾患の方に限らず、

「幸せとは何か?」「どうしたら幸せになれるのか?」

と漠然とした不安や悩みをもつ方や、

「もっと人生楽しく生きたい‼︎」という方など、

多くの人に「幸福の実用書」として、オススメできる一冊です。